会場紹介

セント・デイヴィッド・チャペル

18世紀から伝わる調度品の数々が、お二人の特別な結婚式を彩ります。

18世紀から伝わる調度品の数々が、お二人の特別な結婚式を彩ります。

神聖なセレモニーは、
高らかに響くトランペットの音色で幕開きます。
重厚な扉が開いた先には、
ベールを下ろした美しい花嫁が。
ゆっくりとバージンロードを歩んでくる姿を、
参列者は祝福しながら静かに見守ります。

そして、200年という長い時間、
美しい音を奏で続けるパイプオルガンと、
ソリストが歌い上げるアヴェマリアの調べに包まれて、
二人は生涯の愛を誓うのです。

一度見たら忘れられない、18世紀から伝わるステンドグラス

一度見たら忘れられない、18世紀から伝わるステンドグラス

ステンドグラスはアーチ状になっているから、
祭壇の二人は光に包まれ、まるで天然のスポットライトの様。
ゲストにも、一度見たら忘れられない光景になるはず。

ステンドグラスは、18世紀英国の教会で使われていたアンティーク。
通り抜ける光は、毎日同じ表情を見せない、
その瞬間だけの特別なモノです。

入場を盛り上げる200年前の英国製パイプオルガン

感動の入場シーンをより感動的なシーンへ。200年前の英国製パイプオルガン

日本に数人しか整備出来る技師がいないほど珍しい、
200年前のパイプオルガン。
現存する中では、日本最古級です。

もちろん今でも演奏可能で、
聖歌隊と共にお二人の入場を盛り上げてくれます。

アイテムはすべて18世紀英国製

アイテムはすべて18世紀英国製

数々の調度品は、18世紀のイギリスの教会で使われていたもの。

「本物の愛を誓う二人の空間に、偽物があってはならない。」
そんな想いが込められています。

バージンロードはプロテスタント伝統の白い絨毯

バージンロードはプロテスタント伝統の白い絨毯

白い絨毯はプロテスタントが長く守り続けた伝統の色。

入り口の扉は一段高く備えられ、
エスコートされながら静かにたたずむ美しい花嫁の姿が、
参列者の心に深く刻まれます。

365日 生花が飾られたバージンロード

365日 生花が飾られたバージンロード

キャメロットヒルズのチャペルに入った瞬間、 花の良い香りにあふれている事に気づきます。 それは、挙式を行わない日でも、365日毎日生花が飾られているから。 造花の方がコストは安いですが、 これも「本物」にこだわるキャメロットヒルズだからこそのポイントです。

トランペット・パイプオルガン・聖歌隊の生演奏で映画のような入場を

聖歌隊・トランペット・パイプオルガン・の生演奏で映画のような入場を

入場は、聖歌隊・トランペット・パイプオルガンの生演奏で入場。 ゴシック様式のチャペルには生演奏の音が高らかに響きわたり、 まるで映画の主人公になったよう。写真は説教台と言われるもので ご新婦様の入場はソリストがこの上からアヴェ・マリアを独唱します。 ゲストにも、きっと忘れられない瞬間になるはず。

チャペルの外ではフラワーシャワーを

チャペルの外ではフラワーシャワーを

美しい花の香しさで、 二人の幸せを守る意味を持つフラワーシャワーは、 青空と緑に囲まれた庭園で。 神聖な挙式のあとに訪れる、笑顔があふれる瞬間です。

コンシェルジュのおススメポイント
  • コンシェルジュ

私は、この本館セント・デイヴィッド・チャペルが一番大好きな場所です。 アンティークのシャンデリアの優しい光に包まれて厳粛な雰囲気で進む式は、 何度見ても新鮮な感動を呼び起こします。 人生で主役になれる25分を、ぜひこのセント・デイビッドチャペルで過ごしてください。

教会に加湿器

パイプオルガン

普段、教会のパイプオルガンの前には、なぜか加湿器が並べられています。 キャメロットヒルズのパイプオルガンは、150~200歳と言われているのですが、 音を出すメカニズムも建造時のままを保っています。 これらは木製の繊細なものですので、世紀を超えて奏でられる優しい音色を守るため、 こうして木に潤いを与えているのです。 もちろん、本番の挙式のときには片付けられていますので、どうぞご安心ください。

  • 扉を開くと、美しいステンドグラスと白いバージンロード、暖かい木の温もりがお2人をお迎えします。

  • 森に佇む大聖堂

  • ゲストからの温かい拍手で、教会内は祝福感で包まれます。

  • 迫力のステンドグラス。

  • 18世紀から音色を奏でているパイプオルガン。深みのある音色は、荘厳な雰囲気を作り出します。

  • 厳粛な雰囲気の中、お2人は一生の誓いを交わします。

  • ロマンチックなユニティキャンドルセレモニー

  • 絵本から出てきたような教会で挙げる結婚式。きっと誰もが幸せいっぱいなお2人に、うっとりしてしまう事でしょう。

  • ブライダルフェア
  • フォトギャラリーをもっと見る

次へ

前へ

よくある質問

なぜバージンロードは赤ではなく白なのですか
白いバージンロードは、プロテスタント伝統の色です。白いバージンロードを、白いドレスで歩く姿も、素敵です。 ぜひ一度見学にいらしてください。
マタニティでも挙式は可能ですか
はい。経験豊かなスタッフがトータルサポート致します。ご相談ください。

その他のよくある質問

  • ブライダルフェア一覧
  • いつでもOK見学予約

048-661-6222

page top